アパレル店員はもうやらない。かな、

 

 

昔アパレル店員やってた時に
「この商品、裏地(の柄)も可愛い事 お客さんに伝えて」って上の人に言われてたけど、

裏地ってそんなに需要あるか?
って思ってて、客側になった今も言われて謎すぎるワードだなって思ってる。

この服、可愛いですよねー
って話しかけて

お客さんにも可愛いって言ってもらったあとに、すかさず ありがとうございますー!♡
って言うのも、これはなんの茶番なんだwって会話しながら思ってて。

やっぱり向いてなかったんだなと心底思う 笑


アパレル店員って、
客が商品を手で掴んだ瞬間に
話しかけてくるでしょ。


マニュアルがあって


ハンガーとかに掛かってる商品を手で掴んだタイミングで話し掛けにいけって言われてた。


いやよ。

本当にいやよ 。笑


わたしだって話し掛けられたくないもん〜〜


このファーストアプローチである、話しかける っていうのが嫌って 店員失格レベルだと思うんだけど、

とりあえず、服の事以外で
このお客さんのこと知ろうと思って、身につけてるものから声かけて世間話してたら、

服に関係ない事話さないで下さいって怒られて

辞めちゃおうって思った。笑

 

 

 

 

 

 


こないだ お姉ちゃんとご飯食べに行った時に話してたんだけど、


仕事って 年月が経ってくると
だんだんと責任の重い役職を任せられる様になってくるし、その時に 私に任せてもらえるなら頑張ろうって思ってた事が、違う誰かに その役が回ってしまった時に 糸が切れてしまったんよ

って言っていた事が凄く印象深くて


「ああ、出来る人がやれば良いんだ、」

 

 


あ〜〜〜〜〜〜
わ〜〜か〜〜る〜〜

超わかるんですけど案件

 


これ、むずかしいと思うんだけど

 


石の上にも三年。
それ以上頑張ってきたことでも

意思が削がれるタイミングって結構たくさんあると思う。

 

 

 

 

世の中 受動態の嵐。

 

向いてないと思わないし、
自分がダメだなんて自己嫌悪に陥らなくても良い。

 


とりあえずめちゃくちゃに
お姉ちゃんは凄いぞお〜〜偉いぞお〜〜って褒め称えまくって持ち上げまくって、ご飯奢ってもらいました。

笑🍚

 

 

 

そんなわたしの姉は
言葉遣いが柔らかくて素敵です。

普段どんだけ言葉遣い悪いんだわたしはって見直すくらい丁寧です。


話逸れた。(ごはん奢ってもらったしよいしょしとかねば)

 

 

 

でもね、人間には
開き直るっていう立ち直り方法があるので


たぶん、大丈夫。 


パンクしないように話せる時に話せる人に話す!

 


ミラクル☆ナイト