友達ナンバーワン

 

わたしが本格的にバンドを始めたのは

6年前大学に入ってからで、

 

ちょっとだけドラムが叩けたからで

全然上手くもなかったけど

 

俺とバンドしようぜ!
の一言で結成した学生バンド。

 

 

 


わたしが途中でやっぱりベースが弾きたい!

って急遽ベースに転向したけど、

弦楽器に触れたことなかったから

何時間も練習に付き合ってくれて

 

はっきり言うのに全く嫌味のなくて

人が落ち込んだ瞬間によく気付く

 

そんなわたしの友達ナンバーワンが

こないだバンドを辞めました。

 

 

今、現実味を帯びて
とても悲しいです。

 


ずいぶん前に
バンドを辞める事を聞いて

 

その時は

うんうんバンド大変だよね〜〜

なんて言ってたけど

 

結果は変わらなくても多少なりとも本気で止めにかかればよかったなと思います。

 

 

後悔。

 

 

12/8


お互い号泣しながら頷きあった

ステージとフロアの距離で

 

覚悟と決意と愛惜と

もう会話1つもいらない
音に包まれた不思議な空間で

最後の音を聞きました。

 

 


若いバンドマンの子達には
今隣にいる同級生を
大切にしてほしいなと思います。

 

同級生は、
間違いなくかけがえないです。

 


またいつか、今度はわたしから
バンドしようぜって誘おうと思います。

 

 

元バンドメンバー。

お互い、また、進めるように。

 

 


ラクル☆ナイト